前へ
次へ

弁護士の無料相談を受けるには

弁護士に相談すると通常30分または1時間あたり5000円〜20000円とられてしまう。しかし、最近で

more

弁護士に依頼した時にかかる主な費用とは

10年ほど前までは弁護士費用には定められた目安がありました。しかし現在はその目安は廃止されており、各

more

税理士試験の受験者は5万人以上です。

税理士試験は、毎年5万人以上が受験する国家資格試験です。税理士試験の特徴には、試験科目の選択制と科目

more

自己破産をしたときの携帯電話の扱い

携帯電話は非常に便利な生活アイテムで、日本においては人口の数以上に存在すると言われています。数だけ見ると一人一台の時代と言えそうですが、一人で複数台を持つ人も結構いるので実際には持っていない人もそれなりにいるようです。高齢者や子供の中にはその人名義の携帯電話を持っていないケースもあるでしょう。携帯電話を持つには携帯電話会社と契約を結ぶ必要があり、さらに電話をするための本体を購入しなければいけません。今はガラケーやスマホ等を購入します。生活に便利な携帯電話ですが、もし携帯電話がなくなったら生活がどうなるか想像つかなくなるかもしれません。そこで自己破産をしたときに携帯電話の扱いがどうなるかを知るようにしましょう。携帯電話は毎月基本料金と利用料金、その他端末代金などを支払います。きちんと支払っていれば問題ありませんが、借金が多い人は携帯電話料金を払えない状態の人もいて滞納状態になっているでしょう。この滞納金は借金と同じとして自己破産処理で亡くなる可能性があります。気になるのは支払いを免除された後に利用し続けることができるかでしょう。契約上は借金がなくなったとしてもすぐに契約を解除するとしていないものの、運営会社からするとあまり契約を続けたくない相手になるはずです。ですから手続きをしたことによってそれ以降利用ができなくなることも想定しておきましょう。個人で契約できないとしたらプリペイドタイプを利用したりレンタルを利用する必要があり、利用料金自体は高くなるときもあります。

それぞれの企業に合う公的支援制度を提案できます
企業の事業内容や課題に応じて、最適な補助金制度を提案しています。

公的支援制度の活用に強い税理士in札幌
資金調達・補助金といった公的支援制度の手続き・申請に関するアドバイスを受けられます。

Pマーク取得のための書類作成もするコンサル会社in東京
取得に必要となる専用の書類の作成も迅速に行います。

追加費用を心配せず堺で法律相談ができる弁護士
事前に提示された報酬以上の料金がかかる心配はないので安心です。

川越の低価格で法律相談を受け付けてくれる弁護士
分割での料金返済ができるだけでなく、法テラスにも対応しています。

携帯電話の購入は一括で代金を支払う方法もありますが、端末代金を長期間にわたって分割で支払うケースもあります。大手会社のスマホは本体価格が非常に高いので、複数年で支払いができるよう割賦販売契約を結ばなくてはいけません。割賦販売契約は借金に近い部分があり、将来的に返済をする約束のため債務整理をしている人は使えないかもしれません。どうしても本体が必要であれば、最初に一括で支払う必要があるでしょう。

Page Top